記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そでの長さと形

アモーダル補完
ジャストロー錯視
エビングハウス錯視

上記の三つの錯視=錯覚を活かして選ぶとしたら、どのようなそでがいいのでしょうか?
ちなみに下の画像はすべて同じモデルさんです。

002_039.jpg
こちらは無防備にもノースリーブです。

002_040.jpg
こちらは比較的プチスリーブです。

002_041.jpg
こちらは普通の半そでと呼ばれる長さと形です。

002_042.jpg
こちらは長さはそれほどありませんが、フリルそでになっています。

002_043.jpg
こちらは長さもあり、飾りリボンがあしらってあります。


3つの錯視=錯覚から言えることは、
・太い部分は隠し、細くなった部分だけを見せる
・そでは大きく(リボンやパフスリーブ)、腕に接する辺は長い(フレアなど)方がよい
・試着してみて、どのように見えるかチェック

二の腕を隠したい、けど暑いので長そではイヤだ!
という方は、錯覚を活かしたそで選びをしてみて下さい。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント

プロフィール

錯覚×着やせ

Author:錯覚×着やせ
体型:大きいサイズ
ゆったり服はL.XL
しっかりした服はXL.3L
アラフォー

洋服にあまり興味はないので、流行や個性的な服は買わないタイプ

希望は、清潔感のあるキチンとした服を、ダイエットしなくても(がんばるけど)痩せて見える着こなしで、必要最低限の洋服を効率よく着たい。

目標は、
1:着やせする服とコーデ
2:10着(最低限の枚数)の服の着まわし
3:ワードローブ&コーデ(保管場所、洗濯、管理、買い足しなど)に時間と場所をかけない
※錯覚・錯視の専門家ではありません。

おすすめショップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。