記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ゲシュタルト群化

ゲシュタルト群化すべての円は同じ大きさ、等間隔に並んでいる。色や明るさが似たもの同士(A)がならんでいると、1つのまとまりとして連なっているように感じるフィギュアスケートの肌色のタイツ+靴も足長効果の例です。なので、ワンピース、オールインワン/サロペット、セットアップなども縦に長い印象を与えます。【送料無料】M〜 大きいサイズ レディース パンツ■無地 キャミソール バギー サロペットパンツ■オリジナル パンツ...

続きを読む

アモーダル補完

アモーダル補完見えない部分を脳が自動的に補完する。一部が欠けている図(A)も、隠している図(グレーの部分)を加えることによって隠された文字(B)がわかるテレビで紹介された理想的なスタート丈:ひざ上5~6cm    上の7枚の写真は同じ方の足です。どのスカート(パンツ)丈が一番すっきり見えるでしょう?人それぞれ、足の状態は違います。むくみがなく(身体に比べて)手足がすっきりしまっているのであれば見せましょう...

続きを読む

バイカラー錯視

バイカラー錯視AとBの長さと太さは同じ。縦に分割されたAよりも、横に分割されたBの方が太く感じるこの錯視を参考にして、ストライプとボーダーを考えます上の4つは同じ長さ・同じ太さですでも縦(ストライプ)の方が、横(ボーダー)で分割されたものより細く感じますそれだけでなく、同じストライプ・ボーダーであっても色の比率を変えるとより引き締まった印象になります。この場合は濃い色(暗い色・収縮色)の比率が高い...

続きを読む

分割錯視

分割錯視AとBの長さは同じ。Bによって分割されると、Aは短く感じるこの分割錯視は小顔テクでよくつかわれます。テレビでも紹介されていました。触覚ヘアで顔(頬)を分割することで、顔の幅を短く感じさせます。触覚ヘアというのは、これです!(両サイドにピヨンと出ているヤツです)その他にも、鼻筋にハイライトを入れて、鼻のサイドにノウズシャドウを入れると、鼻筋で顔を分割した状態になるので顔幅が狭く=小顔に感じる...

続きを読む

フィック錯視

フィック錯視 AとBの長さと太さは同じ。水平な横線Aより、垂直な縦線Bの方が長く・細く感じる...

続きを読む

最新コメント

プロフィール

錯覚×着やせ

Author:錯覚×着やせ
体型:大きいサイズ
ゆったり服はL.XL
しっかりした服はXL.3L
アラフォー

洋服にあまり興味はないので、流行や個性的な服は買わないタイプ

希望は、清潔感のあるキチンとした服を、ダイエットしなくても(がんばるけど)痩せて見える着こなしで、必要最低限の洋服を効率よく着たい。

目標は、
1:着やせする服とコーデ
2:10着(最低限の枚数)の服の着まわし
3:ワードローブ&コーデ(保管場所、洗濯、管理、買い足しなど)に時間と場所をかけない
※錯覚・錯視の専門家ではありません。

おすすめショップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。